エアコン清掃

掃除するのが面倒で、放置してしまいがちなエアコン。しかし、定期的に掃除をしないと内部がカビだらけになってしまうだけではなく、部屋全体の空気を汚染することにも繋がります。
そこで本記事では、エアコンを清潔に保つために、正しい清掃方法を紹介します。

エアコンの清掃の頻度は?
部屋の中の空気を清潔に保つためには、頻繁に清掃を行う必要があります。真夏や真冬など、エアコンを使用する頻度が高い場合、2週間に1度清掃を行うのが理想的です。一方で、あまり使用することがない季節であれば、1か月から2か月に1回の頻度でも問題ありません。
また、自分で清掃を行うには限界があります。そのため、年に1度はプロに清掃を頼むとエアコンを長くきれいに使用することができます。

エアコンの清掃に必要な道具
エアコンを清掃するからと言って、特別に道具を揃える必要はありません。基本的に自宅にあるもののみで対応することができます。
主に以下のような道具があればエアコンをきれいすることができます。

  • 使い古しの歯ブラシ
  • タオル
  • バケツ
  • 中性洗剤
  • 雑巾
  • キッチンペーパー
  • 割りばし
  • 輪ゴム
  • 掃除機

エアコンの清掃方法
1.電源を抜く
まず、清掃中の故障を防ぐために、エアコンの清掃をする前は電源を抜いておきます。

2.フィルターを外す
次にエアコンの両側についているロック解除ボタンを押して、フィルターを外します。
フィルターをきれいにする際は、まず掃除機で表面のほこりをすべて吸い取ります。そして、水洗いをした後に、歯ブラシを使用して細かな汚れを落とします。
そのあとは、きれいなタオルで水分をとり、完全に乾燥させます。これだけでフィルターの清掃は完了です。

3.外側と吹き出し口の清掃
フィルターの後は、外側や吹き出し口全体を、雑巾できれいに拭きます。
この際に、割り箸にキッチンペーパーを巻き付けると、細かな箇所まできれいに汚れを取ることができます。
ただしこの際に、無理に奥のほうまできれいしようとすると、部品を壊してしまう可能性があります。そのため、目に見える汚れだけをひとまずきれいにしましょう。

4.冷却フィンを掃除する
次に、フィルターの奥の部分に位置している金属部分である冷却フィンをきれいにします。この個所はほこりを掃除機で吸い取った後に、全体をぬれたタオルで拭きます。

この作業が完了すれば、エアコンの清掃はすべて終了となります。一度慣れてしまえば、1時間ほどで終えることができます。

大掛かりなエアコンの掃除はサボりがちになってしまいますが、今回紹介した清掃方法をしっかりと守れば、清潔な環境を保つことができます。
エアコンの清掃は定期的に行い、快適に過ごせるようにしましょう!